BIODANZA」タグアーカイブ

ウツっぽいときには…生命が生命を癒す

(この記事は2016-03-11作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

ここ数日、鬱っぽかったのです。
きっかけはアメリカのテレビドラマ「Band of Brothers」だと思います。

このドラマの完成度はすばらしく高くて、
再視聴に耐える数少ないドラマのひとつです。
人間性についていろいろ考えさせてくれます。
第二次世界大戦の史実に基づく話で、すべて実名です。

だから
その人の生い立ちとか
国に戻った後、どんな人生だったのか…
調べれば、かなり詳細にでてきます。

鬱っぽくなってしまったのは、
たぶん、それぞれの人生に同化しすぎてしまったから…

そして、闘い抜いた後に
社会に適応できた人と、適応できなかった人の差はなんだったのか…。

残酷な行為の裏にある決意。
「やるならば自分しかなかった」という責任の取り方とか…

いろいろ考えてしまったからでしょう。

胸に水分がたまった感じのままで、今日は月イチ王子クラスの日でした。
クラスをファシリテートしながら、思い出したのは
これまた映画の「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」

戦争・難民・虐殺を取り続けた写真家のサルガドは、
鬱状態になったそうです。

限界がきてしまった。
その彼の再生への道は、地球の原始の姿を撮ることだった。
生命あふれる姿を撮ること。

そして、
荒れ果ててしまった土地に植林していくことで
回復していったそうだ。

「生命が生命を癒す」
ビオダンサという小さな石を水面に投げ続けることが
社会に変革を促す

とか(笑)

わたしはそんな革命家タイプではないのだが
「生命が生命を癒す」
ということを信じているのだな。

<お知らせ>

9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は
10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこhttp://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


自分を認めるのが一番難しいね。

(この記事は2016-03-06作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

思うに…多くの人にとって
自分の価値を認める とか
自分を尊重する とかって
一番難しいことなのでは…と思います。

自分に遠い人を認めることは簡単でも
近くの人を認めることは難しかったり。
(海外と国内 とか、他人と家族 とかね。)

だから、自分をきちんと認める ってなると、さらに難しい。

本来、成長とか学びは喜びにつながるものだと思うのだけど
自分はまだまだ…という思いが強すぎると苦しみになる。

「わたしはわたしでOKなの♡」 って感じに
誰も褒めたり認めてくれたりしなくても
そう在るのが理想なんだろうけど(笑)

やっぱり、最初は難しいじゃんね。
でも、目の前の人の眼差しから優しさが伝わってくるとき
自分がそれをを受けとるに足りる存在だと
思い出すことができる

だから、あなたの存在は私にとって大事なんだ って
伝わってくる言葉とか眼差しは
かけがえのない贈り物だと思うのです。

<お知らせ>

9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は
10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこhttp://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ダンス・セラピー? ボディ・ワーク? ヒーリング?…いずれでありましょうか?

(この記事は2016-02-24作成分を編集したものです。)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

ビオダンサを一つのカテゴリーに当てはめるのは
非常に難しいような気がいたします。

創始者ロランド・トーロは、
ビオダンサは
「人間の出会いの詩だ!(the poetry of human encounters)」
とおっしゃっておられたようですね。

さすが、ラテン。とても詩的な方でいらっしゃいます。

ですが、わたしたちの多くにとって
「ビオダンサは出会いの詩です!」
と叫んでも

「そうですかぁ」
とスルーされてしまいそうです。

身体を使って気づきを促すという意味では、
ボディ・ワークでありますし、
癒す効果があるという意味では、
セラピーやヒーリングとも言えます。

ロランド・トーロは、小学校の先生をしていた時期があります。
なので、教育という視点もあります。

わたしが思うに、ビオダンサはそれらすべてを含んでいる…のだ。

「生きる土壌を豊かにする 」メソッドとでも言いましょうか…。

なにがあっても生きていけるぜ! という
生命への信頼と安心感を育む

しあわせに在るための生き方を培う
とても広大で深遠なワークなのでございまする。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


“ココロ・カラダ・アタマ” の協力体制♪

(この記事は2016-02-23作成分を編集したものです。)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

さてさて、わたしは、ビオダンサを続けて15年以上になるので
普段の生活では、悩むということがかなり少ない です。
ほとんど直感的にやりたいことをキャッチしているし
キャッチしたものに抵抗することが少なくなっているし

こんなことしたら嫌われちゃうかも とか
こんなことしたら変に思われちゃうかも とかも
かなり減っています。

ストレスを抱え込まないので、
今はアトピーフリーです。(昔はひどかったんだ…)

ですが
ビッグな決断をするときには、ちょっと様子がちがってきます。
人生の大きな変化が訪れたとき、ココロとカラダがまず反応します。

「うわ、これって待ってたことじゃん!」
「やりたかったことじゃん!」
興奮と身体に血が巡る感覚です。

しばらくするとアタマが働きだします。
「本当に大丈夫?」
「無謀じゃない?」

そして、周りに反対されると、
「やっぱりそうだよねー。やめとこっかなー」

…数年前の私だったらそうだったでしょう。

今のわたしがどうかというと…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ココロとカラダがこの変化を望んでいる ことに気付いています。

アタマは、心配しがちな役割を持っている ということにも気づいています。

その心配しがちな役割を望みをどう遂行していったらいいか?
という思考に変換すればよいことにも気づいています。

なので、不安に飲み込まれるのでなく
不安があるねってことに気づいています。

それから
どうやったらこの「望み」を現実化できるのだろう? 
という理性的な取り組みがはじまります。

心と身体の望みに、頭が協力するのです。

それは、

「お金が足りなくなるんじゃないか?」
という恐怖から家計簿をつけるのではなく
「いくら使えるんだろう?」
という興味から家計簿をつける気持ちに似ています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ビオダンサでは、心と頭と身体(本能)を統合する と言うのですね。
協力度合い(統合度合い)が高まってくると
人生がおもしろくなってきます。はい。

自分の人生、自分が一番の味方でありたいね!

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


Biodanza for Children③~氏家養護園にて

この記事はメルマガ「幸せ感覚を高める☆BIODANZA with なおこ」より転載しました。

こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。
いかがお過ごしですか?

涼しくなりました。台風も来ています…

子供向けビオダンサのトレーニングに出発する日は
台風が3つ近づいていた日でありました。

午前中の便だったので、ぎりぎり出国。
共に参加した同僚とは別便だったのですが、彼女も無事出国。
午後には空港閉鎖だったらしい。
現地でぎりぎりの幸運(笑)を喜びあいました。

実は、ギリギリの幸運は今回だけでなく…
ダイダクティック・トレーニングが3.11直後に行われたときがありました。
イタリア行の便はカウンターで、
「乗客がほとんどいないので、好きな席にどうぞ」と言われるくらい
がら空き。
3つ並びのシートを占領して、横たわって眠ったり
チョコレート・軽食食べ放題の快適な旅ではありました。

現地に着いてその航空会社のサイトをみると
日本への就航はしばらく運休とのこと
それを見た私は「日本に帰れないぃぃぃ」と大パニック。
思えば人前でパニックになったのは初めてであります。

ですが、トレーニング終了の頃にはあっさり就航再開。
問題なく日本に戻ってきたのでした。

わたしのパニックぶりを側で見ていた同僚は
「まるで戦争花嫁のようだ…」と思ったそうです。 

…失礼しました。すっかり話がそれました。

今日の本題は、氏家学園での子供のためのビオダンサ ご報告

対象は小学校5年生と6年生
男子4名 女子4名
先生方2名

子供たちが集中できる時間に合わせて、
大人のクラスより短めの30~40分ほどのクラスを準備しました。

自己紹介なんてやだぜ。ダンスなんて嫌いだぜ…
クールな男の子もいました。

内気な感じで、最初は壁によりかかって観察している女の子もいました。

でも、みなが踊っているのを見て安心したのでしょうか。
いつの間にか入ってきて、笑っていました。

子供は元気。そして動きがとっても素直。
そして、それぞれ違う。それぞれのタイミングがある。(当たり前)

終わったのち「また来てください」と女の子が言ってくれました。

子供たちが各自の部屋に戻ったのち、園長先生が
 「予想以上に子供たち楽しんでいました。
異性を意識し始めるころですし、男子と女子が交流できるのがいいですね。
 また来てください」 とのこと。

そうなのです。
どう振舞えばいいのかわからないから乱暴になったりする。
踊りのなかで、自然な優しいアプローチを身に付けていくのです。

トライアル大成功!
一度体験していただければ、ビオダンサの良さを分かって頂ける。
と信じていましたが
だからこそ肝心な一回目。
緊張もありましたので、
うれしかったです。

氏家学園のサイトにもその日の様子がUPされています。
写真もありますよ。
http://ameblo.jp/ujiieyougoenn/entry-12199922007.html

WSお知らせ
◇◇ Living with JOY~<受け取る>を許す ◇◇

おそらく私たちは、多くの場合、与えることのほうが得意なのです。
受け取ることはあまり上手でないのです。 

そんなことない!って思いますか?

 

例えば、

「うわ。素敵だね。」「よく似合ってるね。」
このような褒め言葉をもらったとき、素直に「ありがとう!」って言えてます?

 

「えぇ、そんなことないよぉ」とか、「安かったのよ~」とか

つい口にしてしまいません?

(買い物上手を自慢したいときはもちろんアリですけれでも♪)

 

ほんとのところ

素敵なこと、恵みはこの世界に溢れているのです。

 

それに気がつけるか、それを素直に受け取れるか…?
幸せ度はそれによってずいぶん変わってくるように思います。

 

9月25日は

心の窓を開けて、柔らかくして、

<恵みを受け入れる日>

にしましょうよ?♪

 

もっともっと受け取ることを許して
人生豊かにしちゃいましょう♪

 

 

日程:9月25日(日)
時間:10:30~17:30(終了時間は前後するかもしれません)
会場:Amor’s Pink Door(西武池袋線 南長崎駅北口より30秒)

参加費:通常15,000円⇒13,000円

ファシリテーター:筒井直子

問合せ:naokotsutsui@gmail.com

お申込み先は下記のリンクよりお願いいたします↓↓

http://www.reservestock.jp/events/143894

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★