スクール」タグアーカイブ

ファシリテーター養成スクールで学ぶこと

こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

どうやったらビオダンサのファシリテーターになれるの?
セッションに参加された方から、よく頂く質問です。

ビオダンサのセッションで行うことは、とてもシンプルです。
シンプルなゆえに、実はたくさん学ぶことがあります。

まず、踊ることを自分がしっかり体験していることが大事です。
音楽を受け取って身体を動かす(踊る)
体験を重ねると、より委ねることができるようになって、「音楽が私を動かしている」感覚となります。

音楽次第で、生まれてくる動きが変わります。
なので、それぞれのエクササイズ(vivencia)に、どの音楽が適しているのかを見極める感覚を育てる必要があります。

それぞれのエクササイズの目的も理解する必要がありますね。
ビオダンサが礎にしている理論も理解しなければなりません…。

グループで行うものなので、コミュニケーション・対人関係も学ぶ必要がありますね。

以下がスクールで取得していく単位です。(計28単位)

ビオダンサの定義と理論モデル
生命無意識と生命中心の原理
ヴィヴェンシア
ビオダンサの生物学的側面
ビオダンサの生理学的側面
ビオダンサの心理学的側面
神話・哲学における前身
アイデンティティと統合
トランスとリグレッション
コンタクトと愛撫
人間の動き
バイタリティ
セクシュアリティ
クリエイティビティ
アフェクティビティ
トランセンデンス
作用のメカニズム
応用と拡張
ビオダンサ・アルス・マグナ
ビオダンサと社会活動
ビオダンサと音楽
方法論1 音楽的意味論
方法論2 ビオダンサ・セッション
方法論3 続ビオダンサ・セッション
方法論4 ウィークリークラスとワークショップ
方法論5 ビオダンサ・グループ
方法論6 ビオダンサにおける成長の評価基準
方法論7 エクササイズ・エナンシエーション・音楽の公式リスト

3年ほどかけてこの単位を履修したのち、教育実習と卒業論文を書きますね。
ファシリテーターになる=自分を育てるプロセスなのです。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪

Living with JOY ~<受け取る>を許す

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★