ぬくもり」タグアーカイブ

自分を認めるのが一番難しいね。

(この記事は2016-03-06作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

思うに…多くの人にとって
自分の価値を認める とか
自分を尊重する とかって
一番難しいことなのでは…と思います。

自分に遠い人を認めることは簡単でも
近くの人を認めることは難しかったり。
(海外と国内 とか、他人と家族 とかね。)

だから、自分をきちんと認める ってなると、さらに難しい。

本来、成長とか学びは喜びにつながるものだと思うのだけど
自分はまだまだ…という思いが強すぎると苦しみになる。

「わたしはわたしでOKなの♡」 って感じに
誰も褒めたり認めてくれたりしなくても
そう在るのが理想なんだろうけど(笑)

やっぱり、最初は難しいじゃんね。
でも、目の前の人の眼差しから優しさが伝わってくるとき
自分がそれをを受けとるに足りる存在だと
思い出すことができる

だから、あなたの存在は私にとって大事なんだ って
伝わってくる言葉とか眼差しは
かけがえのない贈り物だと思うのです。

<お知らせ>

9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は
10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこhttp://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


大切に思われること

(この記事は2016-03-04作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

わたしの両親は福岡県に住んでいます。
一年に一度くらいかな。両親が東京にやってきます。

わたしの部屋は小さくて、二人で泊まることは難しいので
近くのホテルを取ります。

両親ともに食べることが大好きです。
旅行中は野菜が不足しがちなので
時間があるときには
おにぎりとか野菜の煮物をつくって
二人が泊まっているホテルに持って行き、一緒に食べます。

わたしにはちょっとばかり幼稚なクセがあって
親しい人と食事をするとき
食材の名前を口にしながら食べることがあります。

前回両親に料理をもっていったときにも、そのクセがでました。
「タマネギ~♡」と言って口にしたら、母が
「タマネギだねぇ」と答えてくれました…。

なんか恥ずかしいことしちゃったな…と思って母の顔をチラっと見たとき
彼女の目に衝撃を受けました。

まるで赤ちゃんを見るような目つきだったからです。
いつになっても母は母。

いい加減に中年になった娘ですが
母にとっては、小さかった末っ子のわたしなんだ…

なんか、ちょっと涙がでそうになりました。
誰かが自分のことを大切に思ってくれている。

そのことを感じたとき
わたしはいつも、ちょっとした衝撃を受けるのです。
その衝撃な感じをどんな言葉で表したらいいのか
まだちょっとわからないので、またいつかね。

<お知らせ>

9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は
10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこhttp://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


心の傷

(この記事は2016-02-26作成分を編集したものです。)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

なんの前触れも無くなんですけど
心の傷ってつらい

傷の上に、また傷ができて広がっていく。
心が柔らかい小さいときの傷だとなおさら深く広い。
人の言動や出来事がその傷に触れると、
暴走・爆発してしまう。

そして、ものごとがどんどん複雑になって、
お手上げ状態になっていく。

癒していくのは自分自身だから
仲間は、一緒にいて、聴いて、共感することしかできない。

わたしの尊敬するビオダンサ・ファシリテーターが
「ビオダンサは、その人の生命の責任をその人に返す」
と教えてくれたことがありました。

とても感銘を受けた言葉です。
ものごとは起こってしまった。
それは変えることができない。
でも、そこからどう進んでいくかを選ぶことはできる。

それが、生命の責任をその人に返す ことだと私は理解しています。

自分の人生の責任は自分にある
自分で人生を創っていく
そう自然に思えて、答えをだして、行動できるようになるには
傷を癒して、自分の価値を再発見していくプロセスが必要。

だから、仲間が自力でそう思えるようになるまでは
全身全霊で、仲間のプロセスに付き添おうと思う。

説得したり、答えを先回りして渡してしまうことなく
(そもそも、間違ってるかもしれないし)
その人の生きていく力を信頼する。
私もそうしてもらって、ここまできた。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


手のぬくもりが伝えてくれること

p1230055

(この記事は2016-02-19作成分を編集したものです。)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

今日は月に一度の王子クラスでした。
その前に王子神社にお参り。
この地でビオダンサ活動ができることへの感謝の参拝でした。

クラスのテーマは、「自分を大事にする」
自分が今何を必要としているか、どうしたいのかへの感度を
ダンスをながら高めていきました。

・・・自分を大事にする=エゴを高める

ということではないんだな。
自分の内側のハーモニーが、外側と共鳴して、更なるハーモニーを奏でる感じ。

参加してくださった方のことば。

 喜びってつながることなんだね。
 背中に感じる仲間の手のぬくもり。
 そこからたくさん伝わってくるものがあって、
 喜びってシンプルなものなんだね。

わたしたち人間は、社会的動物でありますので、完全に一匹狼ではいられないのです。

だれかと
そして自分自身と
暖かい絆を結ぶことが
安心と信頼を育て
そこから私たちは冒険にでかけていくことができる。

そして、冒険に出かけた先で、
また新しい絆をむすび
自分が安心できる居場所が広がっていくのです。

手のぬくもり。
わたしも忘れられない体験をしました。

ビオダンサのスクールで
(またしてもALEXのときでしたが。話題にすることが多いなぁ。)
部屋を真っ暗にして、そのうえ目隠しをして、みな一列になる。
左手は、自分の胸におき、右手は前の人の左肩におく。
一番先頭のALEXだけは、目を開けて
彼の後ろに続く仲間を導いていくのです。

それぞれの責任は
前の人の肩から絶対に手を離さないこと。

自分が手を離してしまうと
自分から後ろの人が全員、迷ってしまうことになるからです。

わたしはその日通訳だったので、ALEXのすぐ後ろでした。
真っ暗闇の中、目隠しをして前にすすむ。

なんでもないようで結構、ドキドキするものです。
蛇のように長い列で動いていくので
歩幅・歩く速度・方向、すべてを前の人から受け取ってすすみます。

わたしの右手はALEXの左肩に置かれていましたが、
ALEXはわたしの右手を上からしっかりと握っていてくれました。
そのときに伝わってきた手のぬくもりが
わたしに大きな安心感を与えてくれたのです。

安心を感じると身体の緊張が丁度よくほぐれて
視力に頼らなくても
まわりの様子を感覚的にとらえていくことができます。
このエクササイズの終わりには
楽しくなっちゃって、にこにこへらへら、笑みをうかべておりましたよ。

手のぬくもりという最高にシンプルなことから
最大の安心感を得て
わたしも安心感を与えることができる存在でありたいと
改めて強く思いました。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


自分に還る旅

(この記事は2016-01-16作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

わたしがビオダンサを始めたその日から、そばにいてくれた友人が
「自分自身を発見・還る旅」 と題してクラスの紹介文を書いてくれたことがありました。

すごくうれしかった♪ そして、とても良い言葉だと思いました。

私たちの魂はそれぞれ
どうしても惹かれる何かを持っているように思うのです。
踊ることや絵を描くこと、書くこと、教えること
その現れは様々ですが、そこから外れると苦しくなっちゃう。

損得勘定などから見ないふりをしても
どういうわけか、そっちの方にサイコロがふられちゃう。

いくつもの旅路がありますが、
それぞれの役割を生きていきながら皆が戻っていこうとしているのは
信頼なのではないかと感じています。

自分を信頼すると、道が見えてくる
仲間を信頼すると、応援し合えて心強い
宇宙の働きそのものを信頼すると、安心がやってくる

道中には嬉しいことも傷つくこともありますが
結局のところ信頼にたどり着くためには
ちょっとお邪魔な感情たちを
解放するために起こるような気がしています。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★