クラス・セッション風景」カテゴリーアーカイブ

やりたくないことはやらないのだよ。それでいいのだよ。

(この記事は2016-04-28作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

雨ですね。GWですね。ひゃっほー。
pyoko1-4_laugh

昨日ソマティック心理学協会の講座に参加してまいりました。

そこでお知り合いになった方に
「ビオダンサってどんなもの? 感じたこととか話さなくちゃいけないの?」
と聞かれました。

そうなんだよねぇ。と私は思いました。
「ねばならない」 が社会にはいっぱいだねぇ…と。

今でも私は、「どうですか?どんな感じですか?」と聞かれて
無理やり答えるのは好きじゃない(笑)

聞かれるのはいいんだ。
振り返るきっかけになるし、より意識的になる。

でも、答えるのが前提…だとあんまり好きじゃない。

ビオダンサのセッションでは
「自分がやりたいことをやる」  のが大前提。

だって、社会で生きていると
「自分がやりたいこと」って、あんまりやってないでしょ。

むしろ
社会が求めてくること をやっているし
社会における自分の役割に応えて生きている。

それはそれでいいのだ。

よろしくないのは
そのことにすっかり慣れて
なんでも人の意見や社会の風潮を気にするようになって
なんでもお伺いをたてるようになって

自分が真からやりたいぜ! って
思っていることにアクセスできなくなること。

そうすると
生命力が枯渇して
毎日が憂鬱になったり、無気力になったり
やたら疲れたり。

ビオダンサのセッションは
ある意味リハビリテーション

骨折したりして長期間動かしていなかった脚を
また普段通りに動かせるようになるために
リハビリをするように生き方もリハビリできるのだ。

リハビリは
自分をケアするってところから始まる。

だから、ビオダンサのセッションでは
やりたくないエクササイズはやらなくていいし

どうでしたか?」って聞かれても
答えたくないときは、答えなくていい。

そんなことをしながら 選択 を学んでいくのだ。

求められていることを投げ捨てるのではなく
(それもありだけど)
付き合い方を学んでいくのだ。 続きを読む


手渡していくもの+ちょっと思い出ばなし(light & shadow)

(この記事は2016-04-12作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

今週末は3年間続いた
ビオダンサ・ファシリテーター養成スクールの最終週。

ビオダンサの基礎と方法論を学んだスクール生は
最後の単位を履修後に、教育実習・卒業論文を書くステージに入ります。

がんばったね♪みんな!!

新米ディレクターであった私たちは、ほっひと息。 と言いたいところですが
まだまだやることは山積みであります。

最後の単位を担当してくれるのは、イタリアから来日するモニカです。

彼女は明日やってきます。
そのせいでしょうか。
いろんな思い出がよみがえります。 続きを読む


「批評・批判」をしちゃうとき:Living with JOY~<受け取る>を許す ご報告

こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。
この記事はメルマガ幸せ感覚を高める☆BIODANZA with なおこより転載しました。

すっかり秋ですねー。いかがお過ごしですか?

10月になると、涼しくなるのがうれしいとともに、
今年はあと3か月なのか…。と、毎年なんとなくショックな私です。

雨続き、新月が関係あるのかどうか

ワンデイのあと、もう眠くて眠くて…

なので、今日やっと♪
9/25に行いました「Living wtih joy~<受け取る>を許す」ご報告を書いております。

img_3052 img_3065

毎回ワークショップをして思うのは、
続きを読む


自分に嘘のない言葉で話す

dsc06998_trim

(この記事は2016-03-03作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

今日の夜は、代々木上原でクラスでした。
ビオダンサは初めて。という男性が参加してくださいました。

言語以外の表現に興味があるとのこと。
そして、改めて、「つながる」ということを学びたい とおっしゃっておられました。

二つとも、まさにビオダンサのツボ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ビオダンサのセッションでは、踊り始めると
言葉をなるべく使わないし
「つながり」を大事にしていくからです。

言葉を使わずに身体を使って、踊ります。
踊りながら、ダンスのなかで
正直であること、正直なつながりを練習していくのです。

わたしたちは、かなり言葉に頼っているので
言葉を上手に操ることができます。
言葉で上手に嘘をつくこともできます。

でも、からだでウソをつくことは、難しいのだ。
目が合わせられなかったり
手が落ち着きなく動いたり
まばたきがやたら多くなったり…(笑)

「つながる」というのは、
だれかとのつながりだけを意味するのではない。

自分としっかりつながること。自分をしっかり感じること。
感じることを許す。
感じていることに正直になることを自分に許す
許したところから、相手とつながる。

クラスでは、からだを使った表現の中で、つながっていくけれど…
その練習をしていくうちに
日常生活でも、自分の言葉とつながることができます。

自分の気持ちを伝えたいけれど、
言葉を発した途端に、嘘っぽく感じられたり
表面的に感じるときがある。

それは、もしかしたら、
ぴったりフィットした言葉を選べなかったかもしれないし、
本当の自分の思いでなかったのかもしれません。
(顕在意識は、自分の思いだと信じ込んでいるかもだけどね。)

からだの正直さ に慣れていくと
気持ちの正直さ にも慣れていきます。

そうすると
本当の気持ちを伝えることが、怖くなくなるんだな。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


Biodanza for Children③~氏家養護園にて

この記事はメルマガ「幸せ感覚を高める☆BIODANZA with なおこ」より転載しました。

こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。
いかがお過ごしですか?

涼しくなりました。台風も来ています…

子供向けビオダンサのトレーニングに出発する日は
台風が3つ近づいていた日でありました。

午前中の便だったので、ぎりぎり出国。
共に参加した同僚とは別便だったのですが、彼女も無事出国。
午後には空港閉鎖だったらしい。
現地でぎりぎりの幸運(笑)を喜びあいました。

実は、ギリギリの幸運は今回だけでなく…
ダイダクティック・トレーニングが3.11直後に行われたときがありました。
イタリア行の便はカウンターで、
「乗客がほとんどいないので、好きな席にどうぞ」と言われるくらい
がら空き。
3つ並びのシートを占領して、横たわって眠ったり
チョコレート・軽食食べ放題の快適な旅ではありました。

現地に着いてその航空会社のサイトをみると
日本への就航はしばらく運休とのこと
それを見た私は「日本に帰れないぃぃぃ」と大パニック。
思えば人前でパニックになったのは初めてであります。

ですが、トレーニング終了の頃にはあっさり就航再開。
問題なく日本に戻ってきたのでした。

わたしのパニックぶりを側で見ていた同僚は
「まるで戦争花嫁のようだ…」と思ったそうです。 

…失礼しました。すっかり話がそれました。

今日の本題は、氏家学園での子供のためのビオダンサ ご報告

対象は小学校5年生と6年生
男子4名 女子4名
先生方2名

子供たちが集中できる時間に合わせて、
大人のクラスより短めの30~40分ほどのクラスを準備しました。

自己紹介なんてやだぜ。ダンスなんて嫌いだぜ…
クールな男の子もいました。

内気な感じで、最初は壁によりかかって観察している女の子もいました。

でも、みなが踊っているのを見て安心したのでしょうか。
いつの間にか入ってきて、笑っていました。

子供は元気。そして動きがとっても素直。
そして、それぞれ違う。それぞれのタイミングがある。(当たり前)

終わったのち「また来てください」と女の子が言ってくれました。

子供たちが各自の部屋に戻ったのち、園長先生が
 「予想以上に子供たち楽しんでいました。
異性を意識し始めるころですし、男子と女子が交流できるのがいいですね。
 また来てください」 とのこと。

そうなのです。
どう振舞えばいいのかわからないから乱暴になったりする。
踊りのなかで、自然な優しいアプローチを身に付けていくのです。

トライアル大成功!
一度体験していただければ、ビオダンサの良さを分かって頂ける。
と信じていましたが
だからこそ肝心な一回目。
緊張もありましたので、
うれしかったです。

氏家学園のサイトにもその日の様子がUPされています。
写真もありますよ。
http://ameblo.jp/ujiieyougoenn/entry-12199922007.html

WSお知らせ
◇◇ Living with JOY~<受け取る>を許す ◇◇

おそらく私たちは、多くの場合、与えることのほうが得意なのです。
受け取ることはあまり上手でないのです。 

そんなことない!って思いますか?

 

例えば、

「うわ。素敵だね。」「よく似合ってるね。」
このような褒め言葉をもらったとき、素直に「ありがとう!」って言えてます?

 

「えぇ、そんなことないよぉ」とか、「安かったのよ~」とか

つい口にしてしまいません?

(買い物上手を自慢したいときはもちろんアリですけれでも♪)

 

ほんとのところ

素敵なこと、恵みはこの世界に溢れているのです。

 

それに気がつけるか、それを素直に受け取れるか…?
幸せ度はそれによってずいぶん変わってくるように思います。

 

9月25日は

心の窓を開けて、柔らかくして、

<恵みを受け入れる日>

にしましょうよ?♪

 

もっともっと受け取ることを許して
人生豊かにしちゃいましょう♪

 

 

日程:9月25日(日)
時間:10:30~17:30(終了時間は前後するかもしれません)
会場:Amor’s Pink Door(西武池袋線 南長崎駅北口より30秒)

参加費:通常15,000円⇒13,000円

ファシリテーター:筒井直子

問合せ:naokotsutsui@gmail.com

お申込み先は下記のリンクよりお願いいたします↓↓

http://www.reservestock.jp/events/143894

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★