BIODANZA」カテゴリーアーカイブ

ご機嫌に生きると決めたのだ

(この投稿は幸せ感度が高まる☆BIODANZA wtih なおこ からの抜粋です)

おはようございます。
自然は、なかなか興味深いお天気を提供してくれていますね。
日曜日は寒かった…
雨の音を傘に受けながらの散歩は楽しかったのですが、
靴がびしょびしょになりました。

さて、「意図」というか「決める」というのは、人生に大きな変化をプレゼントしてくれるようです。
そして、その「意図」というのは、散歩しているときとか、シャワーを浴びているときとかに、
「わたし、こうしよう♪」という瞬間が生まれるようなのです。

今回は、「わたし、ご機嫌に生きるの♪」というものでした。
これ、なかなか効果的です。

上司に理不尽なお叱りを受けても(笑)、
…こんなことどうでもいいのでは? というすっきりしない指示を受けても
「わたし、ご機嫌に生きるの♪」と決めていると、
不思議に笑みがこぼれてきます。

おそらく、個人的に受け取らなくなるのだと思うのです。

そして、そうしながら、カチンときた自分、むっとした自分にも注意を向け
「あ、なんだ。これっていわゆるエゴの部分が反応している」と、気づく。

わたしの中心は、あったかくハッピーを保ち続けていることに気づき
うれしく思うのです。

そしてですね。
美しいもの(花とか)、心が軽くなるもの(鳥が飛び立つ瞬間とか)
そんな景色が、たくさん目に飛び込んできます。
肌に感じるそよ風も私を微笑ませてくれます。

5月という季節そのものが気持ちの良いものですが
今年はさらに、うふ♪ と感じる瞬間を多く楽しんでいます。

6月のセッションの受付を開始いたしました。
前回に引き続き、クリエイティビティ(創造性)にフォーカスしていきます。
ひらめきは、緩んでいるときに湧いてくるもののような気がします。
身体と心に「ちょうど良い隙間」をつくっていきましょう。

 6/2BIODANZA オープン・セッション@池袋


夢を見ました<価値の再構築>

(この投稿は幸せ感度が高まる☆BIODANZA wtih なおこ からの抜粋です)

こんにちは。
週末、いかがお過ごしですか?

わたしは久しぶりにお昼まで寝ちゃいました♡
そして夢を見ました。

三つ揃いを来た親戚のヤクザのおじさん(←実際には、こんなオジはおりません(笑))に、
弁明をする…というものです。

何か大変な事件が起きたのですね。
そして、それは私が引き起こしたことではない。
しかしヤクザのオジは、私の責任だとして、責めてくる。
三つ揃いを来た3人のヤクザが
オジを中心として、じりじりと責めてくるのです。

わたしは、非常に怖かったのですが、立ち上がる必要を感じていました。

言葉で理路整然と自分の立場を説明する必要を感じていました。
(わたしにできるのか?口頭で説明するってむちゃくちゃ苦手じゃん。しかもこんな怖い人の前で…!)
もうパニックです。

そして、夢の中のわたしはやり遂げました。

できるかぎりの冷静さをかき集め
事件の起きた背景を時系列に説明し
わたしには何ら関わりのないことを
淡々と説明したのでした。

3人組のヤクザは納得したようでした。

…ふぅぅぅぅ…。

目覚めて、すっきりしているのを感じました。
しばし、その夢を考察し…
現実の自分とのリンクを思ってみました。

「自分の価値を自分で貶めない。損なわない。自己を尊重する」

この夢は、起きてくる出来事に巻き込まれて、本来引き受ける必要のなかったものを引き受けてしまう
(そのほうが容易いように思うから。自分を貶めて曲げて迎合するほうが楽に思うから)
そういったものに「NO」を表現した夢であったように感じます。

周りにはいろんな人がいる。
価値観も異なる。
そして、「認める・認められない」を超えて
自分の生命の価値に、自分で価値を置く。

そんな夢だったように思います。

すっきりした思いでシャワーを浴び、勢いでこのメールを書きました;D

よい一日を!

**************************
来週の土曜日となりました。
人生を創造する力とつながる2セッションです。
5/5BIODANZA オープン・セッション@池袋

【前回参加者からのご感想】
☆呼吸が楽になった・肩こりが減った
☆とにかく楽しくて身体が楽になった。
☆久しぶりにぐっすり眠れた
☆自分を信頼していいのだと分かった
☆生まれてきて良かったのだと思えた


チャレンジと共に…静寂の中へ

(English follows)
勢いで決断して、足を踏み入れてから、けっこう状況は大変だと気づく…が、大変だと知ってたら、たぶんぐずぐずしちゃってただろう…

常に自分の中心に戻ること、信じること、不安になったら不安に気づいて抱きしめて、自分のお腹の中心の暖かくもあり静寂でもある場所に戻っていくこと

これが今のわたしのチャレンジ♡
わたしはわたしを信頼するのだ。

I threw myself into the situaion with my instinct and longing.
then I realize that the things is not goins go easy….
BUT…! If I studied carefully about the situation, I would hesitate to step forward.
So…..!  What I do now is to say “I love you” and “I believe in you, you can do it , Naoko” to myself and hug myself.
when I am aware that I am feeling unsecure, I go back to the place where whrere I feel completely safe and warm.
The place is in me, in my heart and in my guts.
and I DANCE!
(FACEBOOK投稿より)

 


身体が欲する食べ物+5月募集開始

(この投稿は幸せ感度が高まる☆BIODANZA wtih なおこ からの抜粋です)

こんにちは。いかがお過ごしですか?
近所の藤の花が咲き始めました。
色っぽい花ですねぇ…

5月5日(土)のオープン・セッション@池袋
受付開始いたしました。
(お申込みは以下のリンクより)
https://www.reservestock.jp/events/256085

今回はビオダンサにおける人間の5つの潜在力のひとつCreativity(創造力)にフォーカスします。
自分の人生は自分で創っていけるのだ!ということを思いだしていきます。

前回の参加者から頂いたご感想をちょびっと

☆呼吸も気分も身体も楽になった・肩こりが減った
☆とにかく楽しくて身体が軽くなった。
☆久しぶりにぐっすり眠れた
☆自分を信頼していいのだと分かった
☆生まれてきて良かったのだと思えた
☆普段は「人格を持った人間」として人を見ているけど、ビオダンサでは「生命体としての人間」を感じられる!それが幸せです!

うふふ。うれしいです。
動きながら自分の身体が発するメッセージに気づき、信頼しはじめると
生きるのも楽になってきます。

さてさて
バリ島でひっさしぶりにアトピーが発症したことをしばらく前のメールでお伝えしておりました。
正直びっくりしましたし、ショックでした…。

ですが、なんとなく一時的なものであるという感覚があり
あまり不安に思わずに落ち着いてケアしようと思いました。

まず頭に浮かんだのは
「抗ヒスタミン薬」が欲しい!
ということでした。

今までの経験から、抗ヒスタミンはあまり効かない…という思いがあったのですが、
なぜか今回は、「飲もう!」でした。
なので「効かないという期待」を手放し、飲むことにしました。

そして、キムチやら、ヨーグルトやら、納豆、みそ…
発酵食品を非常に欲しました。
毎食とっていました。

そして、不思議なことに「大根おろし」です。
これは、一日一回は大量に下ろして、大量に食しました。

そしてほぼ一か月。
かなり落ち着き、元の状態に戻ってきて、ほっとしています。

この期間、あまり質の良くない甘いものは、口にしたとき
身体が警報を鳴らすのです(笑)
バリ島でシャワーを浴びたときにも感じた感覚。
きゅーっと細胞が縮むかんじ…?

そして、わたしにとって最大にうれしかったのは…
カカオ率の非常に高い良質なチョコレート。
これはまったくOKでした。

一か月間、ほとんど上記のものしか口にしなかったのですが
他にほとんど食べたいと思わなかった…
改めて見ると腸内環境に良いと言われる食品群ですよね。

たぶんバリ島では、普段より、油とか合成調味料とか(たぶん)、いろいろ食していたので…
腸が悲鳴を上げたのでしょう…

あらためて身体を大事にしようと感じました。
不快がないって有難いです。

では、また次回♪


よろこびを感じられないときにはどうするのか?

(幸せ感覚を高めよう!Biodanza with なおこ よりの抜粋です。)

ビオダンサは、生きるよろこびにつながる…
と言いますね。

何事もうまくいっているときは
よろこびにつながるのも、もちろん容易いですが、

人生真っ逆さまなときに…
いったいどうやって、
ヨロコビにつながれと、ヨロコビを感じろ
と言うのでしょう…?

まずは有名なスーフィーのこのことわざ
「これもまた過ぎる This, too, shall pass.」
を思いだしましょう(笑)

いや、冗談でなく、すべては過ぎ去るし変化することを
知っておくのは大事です。うん。

そして、私が経験したのは…
深い闇にいるとしても
今こうして呼吸している。そして脈動しているのは…
わたしのなかにまだ「希望」が残っているのだ。
ということでした。

まったく希望を失って、生きる意欲も失ったら
たぶん魂はこの肉体から去っていくのだろう。

底に沈んでいるとしても、まだ残っている。

その希望を思いだし、つながる。
つながりが途切れたら、またつながりなおす。

ビオダンサは、
「底に埋もれてしまった希望を見つけ、つながる」
ということをとても助けてくれるのです。

それが、飽きっぽくて、今まで何一つ続くことのなかった私が
ビオダンサ続けている理由の一つであるのです。