ご機嫌に生きると決めたのだ

(この投稿は幸せ感度が高まる☆BIODANZA wtih なおこ からの抜粋です)

おはようございます。
自然は、なかなか興味深いお天気を提供してくれていますね。
日曜日は寒かった…
雨の音を傘に受けながらの散歩は楽しかったのですが、
靴がびしょびしょになりました。

さて、「意図」というか「決める」というのは、人生に大きな変化をプレゼントしてくれるようです。
そして、その「意図」というのは、散歩しているときとか、シャワーを浴びているときとかに、
「わたし、こうしよう♪」という瞬間が生まれるようなのです。

今回は、「わたし、ご機嫌に生きるの♪」というものでした。
これ、なかなか効果的です。

上司に理不尽なお叱りを受けても(笑)、
…こんなことどうでもいいのでは? というすっきりしない指示を受けても
「わたし、ご機嫌に生きるの♪」と決めていると、
不思議に笑みがこぼれてきます。

おそらく、個人的に受け取らなくなるのだと思うのです。

そして、そうしながら、カチンときた自分、むっとした自分にも注意を向け
「あ、なんだ。これっていわゆるエゴの部分が反応している」と、気づく。

わたしの中心は、あったかくハッピーを保ち続けていることに気づき
うれしく思うのです。

そしてですね。
美しいもの(花とか)、心が軽くなるもの(鳥が飛び立つ瞬間とか)
そんな景色が、たくさん目に飛び込んできます。
肌に感じるそよ風も私を微笑ませてくれます。

5月という季節そのものが気持ちの良いものですが
今年はさらに、うふ♪ と感じる瞬間を多く楽しんでいます。

6月のセッションの受付を開始いたしました。
前回に引き続き、クリエイティビティ(創造性)にフォーカスしていきます。
ひらめきは、緩んでいるときに湧いてくるもののような気がします。
身体と心に「ちょうど良い隙間」をつくっていきましょう。

 6/2BIODANZA オープン・セッション@池袋


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です