最小限の力で運をキャッチするには、行動できる身体になることだ

この記事はメルマガ「幸せ感覚を高める☆BIODANZA with なおこ」より転載したものです

おはようとございます♪

晴れの日がこんなに少ない秋は、記憶にありませぬ…
たまの太陽が激しくありがたいですね。

衣替えの季節ですから、洗濯したいのですよぉ。

さてさて
ビオダンサを始めて16年経つ私は
なにか日々穏やかに、時にウキウキと幸せを感じながら生きていることが多いです。

いつも黒い長いスカートを履いて、どんより下を向いて歩いていた若い日々と比べると
中年の今の方が断然ハッピーです。

なぜかというと…

ビオダンサを続けることによって
「力まず生きる身体」に変容してきた
…からではなかろうか。

力まずにいると
宇宙が自分に投げかけてくれているサインに身体が気づく。
「行動できる身体」でいられる。
結果、最小限の力で運をキャッチできるのだ

わたしは長い間「自立」という言葉を誤解していた。
一人で生きていけるようになれ!と両親からも言われていたし
自分でもそうありたい!と頑張っていた。

ですが、今は自立を違う意味で受け取っています。
それはただひとつ。
自分の心の平和・やすらぎに責任をもつ

そう気づいたとき、
肩にものすごく力がはいっていたこと
余計な重荷を背負っていたこと…にも気が付きました。

「ひとりで!」と思っているから
「わたしが!」になる。
 ⇒我が強くなる…のだね。

でもね。一人で頑張るのははもうやめたのです。
頑張ることで、自分の自己評価を高めてきた側面もありますが、
もうそれはいいな…という気持ち
きっついもん。
(まだ、うぉぉ!と嵐が吹き荒れる日もありますけどもね)
そんなわけで10月30日のワンデイのテーマはこれ↓↓
Living with Joy~行動できる身体になる
img_3067 img_3071_trim

受付開始しました♪
http://www.reservestock.jp/events/148369

*******************

地球は「行動する」ための場所である。
そんな文章を目にしたことがあります。

たしかに
欲しいものをイメージし続けて
それが自分の人生に現れた。

そのとき、しっかりとそれをキャッチするのは…
身体あってこその行動力ですね。

ぴったりのタイミングでぴったりの場所に身体を運ぶ行動力。反射力。
最小限の努力で運をキャッチする能力。

逆パターンもありますね。
好条件だらけで頭はゴーサインを出すけれど、なぜだか身体が動かない。
身体がちゃんとこれは自分向きではないとキャッチしている。

このキャッチする行動力は
グランディングと五感を高めることによって
磨きがかかってくるように思うのです。

今回のワークショップでは
「行動できる身体になる」をテーマに行いたいと思います。

お待ちしております。
http://www.reservestock.jp/events/148369


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です