誰かと一緒にいても寂しいと感じるとき

hands

こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

人間は、集団をつくりますね。
これは、生物学的に自然なことだそうです。
人間は、ひとりで食べ物を得ていくには(狩猟採集するには)
あまりに身体能力的に弱い存在だった。

集団をつくるのは必然だった。
ひとりでは生きていけないと本能的に知っているので
だれかとのつながりをとても強く求めている…

このつながりの「質」がとても大切だと思うのです。

駆け引き・損得勘定・見栄
こういった要素が入ってくると、どこかで居心地の悪さを感じる。
うそ臭さを感じる。疲れを感じる。

心の底で孤独を感じていても
そこと向き合いたくないから

平気なフリをしているけど、いつか無理がきちゃう。

たぶん私たちは
どこまで行ってもある程度のエゴとはお付き合いをして生きていくから(笑)
駆け引き・損得勘定・ミエみたいなものがまったくゼロになるのは難しいかも。

でも、そこに気づくことはできる。
手放すことを選択することができる。

わたしがビオダンサを長く続けてきた理由のひとつは
ビオダンサで出会った友人たちと
かなり純粋で深い関係性を続けることができているから。

最初は、名前も仕事も年齢も性格も知らないところから、
身体の動き(ダンス)を通して、互いを知り、自分を開いていくと
その人の仮面はどうでもよくなる。
その人の魂の輝きを感じる。

その人の動きのなかに、その人の涙の中に
ホンモノを見ることができるのです。
だから信頼も揺るぎない。

わかったフリをする必要もなく、自分のダメダメぶりもそのままに。
そうすることによって、また一歩を進み出せる。
友人たちに助けられてここまで来ました。

だから、表面的なつきあいに疲れた方々、それで満足しない方々に
ぜひビオダンサをおすすめします。

<お知らせ>

9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は
10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこhttp://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です