ウツっぽいときには…生命が生命を癒す

(この記事は2016-03-11作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

ここ数日、鬱っぽかったのです。
きっかけはアメリカのテレビドラマ「Band of Brothers」だと思います。

このドラマの完成度はすばらしく高くて、
再視聴に耐える数少ないドラマのひとつです。
人間性についていろいろ考えさせてくれます。
第二次世界大戦の史実に基づく話で、すべて実名です。

だから
その人の生い立ちとか
国に戻った後、どんな人生だったのか…
調べれば、かなり詳細にでてきます。

鬱っぽくなってしまったのは、
たぶん、それぞれの人生に同化しすぎてしまったから…

そして、闘い抜いた後に
社会に適応できた人と、適応できなかった人の差はなんだったのか…。

残酷な行為の裏にある決意。
「やるならば自分しかなかった」という責任の取り方とか…

いろいろ考えてしまったからでしょう。

胸に水分がたまった感じのままで、今日は月イチ王子クラスの日でした。
クラスをファシリテートしながら、思い出したのは
これまた映画の「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」

戦争・難民・虐殺を取り続けた写真家のサルガドは、
鬱状態になったそうです。

限界がきてしまった。
その彼の再生への道は、地球の原始の姿を撮ることだった。
生命あふれる姿を撮ること。

そして、
荒れ果ててしまった土地に植林していくことで
回復していったそうだ。

「生命が生命を癒す」
ビオダンサという小さな石を水面に投げ続けることが
社会に変革を促す

とか(笑)

わたしはそんな革命家タイプではないのだが
「生命が生命を癒す」
ということを信じているのだな。

<お知らせ>

9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は
10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこhttp://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ウツっぽいときには…生命が生命を癒す」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 罪悪感の行きつく先 – コミュニケーションスキルが高まる! 幸せ感度が高まる♪ ダンス・ワーク〜 BIODANZA〔ビオダンサ〕 with なおこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です