社会の中で自分の居場所を見つける

(この記事は、2016-01-05作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

わたしたちは、常に世界との関わりのなかで生きていますね。
(たとえどんなに孤独な人でも、自分という世界の関わりのなかで生きています)

なので、ビオダンサのセッションには個人セッションがないのですね。
いつもグループで踊るのです。

世界が変容していくには
自分だけの成長では不充分なのです。
みんなで成長していくのです。

グループのメンバーの個性が互いの成長の刺激や助けとなります。

自己成長こそが人生を生きる鍵である! と思っていた私は
ワークショップもセッションも各種経験しました。

ビオダンサと合わせて今でも続けているものもあります。

そうしながら、ビオダンサの特徴というものを強く感じてきました。
思うに、ビオダンサのグループは社会の凝縮版みたいなものなのです。
社会(グループ)の中での自分の在り方を練習・実験できる場であり、
その結果をすぐに感じ取れる場です。

そのことを体験するためにクラスでは
 ・一人で踊るとき
 ・二人で踊るとき
 ・グループで踊るとき
があります。

自分一人でも心地よい、だれかと一緒にいても心地よい

そのためには
どんな距離感が「今の」自分にぴったりくるのか
それを相手にどうやったら伝えられるのか
相手の心地よさをどんな風に大切にできるのか

お互いに無理をしない在り方
大勢いるなかで、自分を見失わない在り方 を見つけていく。

こういったことについて教えてくれたり考えさせてくれるものは
世の中にたくさんあります。

ビオダンサもその一つですが、
ここではそのことについて考える前に、感じて体験してまた感じて
を繰り返していくのです。
いわば、実践を繰り返していくようなものです。

そうしていくと、気づきや理解が自ずとやってくる瞬間があります。
そのときに始めて私たちは
今までなんとなくそこにあったその感じ
または
奥深くに眠っていたその感じ
を言葉にしていきます。

自分とつながってでてきたその時の言葉は、力強く説得力のあるものとなります。
なにより話していて自分が気持ちいい。
仲間がそうやって話してくれるときには、身体が思わず前のめっちゃう。

わたしたちはまず「動き」でつながり、それから「言葉」でつながります。
この順番なのは、身体はウソをつけないからです。

嫌だなって感じる人と踊るとき、身体は離れたがります。
好きだなって感じる人と踊るとき、身体は喜んで近づいていきます。

これは私の経験からですが、「嫌だな」もとても大切です
「いい人でいなきゃ」「嫌われたくない」という思惑から、
自分の行動を制限すると、いつまでも「嫌だな」から離れられません。

「嫌だな」と思ったら、離れちゃえばいい。
そこに隙間ができて、
相手を、そして「嫌だな」って思ってる自分自身を
少し離れたところで感じ続けることができたら、
その「嫌だな」は「いいじゃん」に反転する可能性がでてくる。

お互いに正直・誠実でいること。
そこから本当の居心地のよさとつながりが生まれてくるのです。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です