Fight or Flight? 闘うか逃げるか?~高校生とビオダンサ

(この記事は2016-02-06作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

規模は異なるにしても、人生は
Fight or Flight(闘うか逃げるか?)
選択の連続のように思います。

先日お知らせしたALEXをお迎えしての1週間の間にも、
3回選択の瞬間がやってまいりました。
img_7342

(上記写真は、講義中のALEXと通訳中のわたし。
なにかポーズつけて説明してるけど何だったろう?)

今日はその一つをシェアしたい。

スクール週末の後の月曜日、
自由の森学園でALEX高校生向けビオダンサをやってもらう予定でした。

ところが諸々起きてきて、では、わたしがやるか?という状況となりました。
大人を対象とするビオダンサと、子供・思春期層を対象とするビオダンサは
アプローチが異なります。
なので、本来は特別な資格を必要とするのです。
その資格を私は8月にフランスで取得する予定です。

それまでの間は、経験ある人と共に、現場を体験しようと思っていました。
なので、今回は
ALEXにお願いする予定だったのです。

ALEXは行かないかもしれない。
でも、踊りたいと言っている生徒さんたちの気持ち
オーガナイズしてくれた夫妻とその娘さんの気持ち

それを思うと、多少のルール違反なんかこの際関係ない! と思ったのでした。

中学生・高校生・大学生とビオダンサをやりたい。
いずれは少年院でやりたい。

これが、ビオダンサをやった最初の日に持った夢です。
その夢に一歩近づこうとしている!
その瞬間に感じたのは、大きな恐怖震えるような興奮でした。
資格がないから!を言い訳にして、逃げることもできる。
でも、そうしたい?

やり方を完全に知らないからと言い訳して、やらないことで体面を保つことはできる。
も、それで自分を誇ることができる?

失敗したらどうする?
この失敗で次のチャンスを失うかもしれないよ?

そんな頭の中の会話をよそに、
わたしのカラダの全細胞が
震えながら叫んでました(笑)
やるぜ!!って。

…結果は、写真のとおり。へへ。楽しかったよ。
オーガナイザーご夫妻とビオダンサ仲間以外はボカシをかけさせていただきました。
終わったあと話がはずんで、写真撮るのを忘れかけてたから、
帰っちゃった生徒さんたちもいるの…残念
rhythmic-sincro-%ef%bc%88%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%89%ef%bc%89%ef%bc%92_censored-1

感動したのは、生徒さんたちのエネルギー・オープンさ・柔らかさ・やさしさ。

クラスの途中で、他の生徒さんが入ってきたときがありました。
その時はみんなで静かな時間を過ごしているときだった。
その生徒さんが出ていくときに、
ドアの音がしないようにすっと手を伸ばした男子生徒さん。
あなたのその気持ちに、わたしは心打たれました。
どうもありがとう。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪
Living with JOY ~<受け取る>を許す
*今後の予定は10/30(日)11/27(日)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です