「役割」「ラベル」「性格」を超えて

(この記事は2015/11/16作成分を編集したものです)
こんにちは。ビオダンサ・ファシリテーターのなおこです。

昨夜は、いろいろなことを考えていたら、いつの間にか明るくなっていました。
狩猟民族は、狩をするときには3日間眠らずに行ったりしたそうですが…
わたしももその血を引いているように思います。

BIODANZAのスクールを運営しているわけですが…
海外講師を呼ぶ際には、スケジュールやら講師料やら、もろもろのやり取りがあるわけです
(当然です)

とは言え、割とカジュアルなやり取りなのですね。
で、Hey, Sister!
とか呼びかけてくれる♪講師もいるわけです(*^.^*)

そして、わたしも彼と会うのはまだ10回程度なのに、
彼のことを兄のように思ってしまうわけです。
(ちなみに年下であるが…。南米の人は大人びているのだ?)

思うに、ビオダンサで出会ったときって、

「お仕事何してるの?」
「趣味は?」

とか、滅多に聞きません。

名前さえ知らずに始めることがあります

なぜか?
それは、そんなことは必要ないから です。

同じリズムで、同じメロディで、一緒におどる。
そのとき、社長であるとか、母であるとか、失業中であるとか…

そんなことはまったく関係ない。

役割とか、ラベルとか、そんな社会的なものをはずしたところで出会っているのです。

だから、自然に、同胞たちよ… って気持ちが湧いてくるんだなぁ。

<お知らせ>
9/25(日)ワンデイやります。ご一緒しましょう♪

Living with JOY ~<受け取る>を許す

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇カラダは答えを知っている! ☆身体直感診断☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2013

◇幸せ感度を高める☆BIODANZA with なおこ
http://www.reservestock.jp/subscribe/49013

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です